意外と少ない?新車と比べた中古車のデメリットはどんなこと?

意外と少ない?新車と比べた中古車のデメリットはどんなこと?

車を購入するときは、少しでも安く購入したいため、中古車の購入を検討することもあるでしょう。

国内の車はいくら日本車といえども、どこの誰が使ったかわからないため、購入後も多くのリスクが付きまといます。

そこで、中古車を購入する場合、新車と比べてどのようなデメリットがあるのかや、そのデメリットの対策についてご紹介します。

中古車のメリットは圧倒的に価格が安いこと

中古車 ガリバー最悪まず、中古車を選ぶメリットを考えてみましょう。

中古車の選ぶメリットは、

  • 価格が安い
  • 納車までが早い
  • 絶版車が買える

となります。

中古車は新車と比べて何より価格が安いメリットがあります。実際に車種や年式、走行距離や車の状態などの条件がありますが、中には新車の半額以下で購入することもできます。

実はディーラーで新車の軽自動車を販売することは、お店側からすると、ほとんど利益が出ないため値引き交渉があまり期待できません。

しかし、そんな軽自動車も、たった2000キロほどしか走っていない中古車で約20万円近く安く購入できる車種もあります。

また、新車であればナビやオーディオといった装備品は、オプション価格でさらに上乗せしていくため、車両本体価格からどんどん高くなっていきます。

中古車であれば、オプション装備が最初から付いているものを購入するため、表示価格から大きく上がることはありません。

最近の製造メーカーは少しでも在庫を減らす傾向にあるため、新車のほとんどはオーダーされてから生産されています。そのため、新車であれば注文して納車されるまでに1~2ヶ月程度はかかります。

中古車だと販売店に在庫があれば、当日に手に入ることもあるくらいスピーディに手に入ります。

さらに、新車であれば当然販売していない車種は購入することはできませんが、中古車であれば旧車や絶版車など現行では売っていない車も買うことができます。

中古車を購入するときの6つのデメリット

中古車を購入するときのデメリットは以下の6つが考えられます。

  • 車の状態が全てわからない
  • 好きな色やオプションが選べない
  • 値段が変わりやすい
  • 新車と比べて保障が手薄なところが多い
  • 中古車販売店選びには注意しなければいけない
  • エコカー減税が無い

詳しく見ていきましょう。

1.車の状態が全てわからない

中古車良くない ガリバー中古車の一番のデメリットとも考えられるのは、状態の良し悪しが全てわからないことです。

前の持ち主が大切に乗っていれば問題ありませんが、それでも新車の状態にはかないません。

また、万が一何度も乗り継がれ、メンテナンスもろくにされていない車であれば購入後あちこちに不具合が発生してしまうリスクもあります。

安く購入したものの、結局はその後の修理代やメンテナンス代で高くなることにもなりかねません。

そのため「結局新車の方がよかった」なんてこともありますので、中古車を探すときは車に対して目利きの知識が必要とも考えられます。

2.好きな色やオプションが選べない

中古車は市場に出回っている車から選ぶことなるため、その車が欲しいと思っても希望通りの色やオプションが付いていないことがほとんど。

そのため、妥協しなければいけない部分が必ず出てきますので、中古車選びはこだわりを持ちすぎるといつまで経っても購入することができません。

3.値段が変わりやすい

中古車の値段は、需要があるかどうかで決まります。そのため、欲しい車に突然人気が出れば販売価格が一気に上がることもあります。

また、就職シーズンやボーナス時期などによって需要が変わるため、中古車は1年間を通して価格の変動が激しいとも言えるでしょう。

しかし、反対にお買い得の時期もあるため、そのタイミングを狙って購入するのもありでしょう。

4.新車と比べて保証が手薄なところが多い

車を所有している以上、必ずどこかに不具合が発生します。

新車を購入すると、最低でも3年間の保証が付いていますが、中古車は販売店によっては保証が無いこともあります。同様に購入後のアフターサービスも手薄なところが多いでしょう。

新車であれば、ディーラーにサービスパーツといった交換部品も供給されているため、万が一故障や不具合が発生したときはすぐに対応してくれます。

しかし中古車だと、そもそも部品も生産終了し、在庫無くなって正規のルートで手に入らなかった場合、修理代が割高になります。

そのような時、アフターサービスや保証制度が充実していれば、安心して乗り続けることができますので、中古車ほど保証制度を考える必要がありますよね。

5.中古車販売店選びには注意しなければいけない

中古車販売店の中には、修復歴があるのに偽ったり、自己表記をしていなかったりと悪質なお店も存在しますので、お店選びは慎重にしなければいけません。

そのため、安いからといってむやみに決めるのではなく、お店の人の対応や店舗自体の見極めも必要になります。

関連記事はこちら⇒「ガリバーフリマ」の口コミは?勝手に出品されるって本当?

6.エコカー減税が無い

中古車だと、エコカー減税が受けられないデメリットもあります。

エコカー減税とは、環境性能に優れた車を新車購入時に、

  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 自動車税(環境配慮型税制)

の3つの税金が減税、もしくは免税になる優遇制度のことです。

中古車でも環境基準を満たせば「自動車取得税」「自動車重量税」が減税されることがありますが、

  • 環境基準
  • 適用期間

の要件を満たさなければいけません。

この条件は高年式の中古車であれば要件を満たすことができますが、そのような中古車はほぼ無いに等しいでしょう。

そのため、中古車を購入するとエコカー減税を受けることができないと考えておいたほうがいいでしょう。

大手中古車販売店で買えばデメリットの対策ができる

中古車を購入すると様々なメリットがあることがわかりました。では中古車を購入するときはどうすればいいのでしょうか?

このようなデメリットを一つでも多く減らすには、「ガリバー」や「ビッグモーター」「アップル」などといった大手中古車販売店を選ぶことをおすすめします。

なぜなら、豊富な資金力や全国的にネットワークが完備されているため、紹介したデメリットの対策をしっかりおこなっているからです。

具体的には、

  • 車の台数が圧倒的
  • 新車以上の保証制度
  • 車の状態を明確に教えてくれる

といった特徴があります。詳しくご紹介します。

車の台数が圧倒的

中古車選びで特に大事なのは、少しでも多くの中古車から状態の良いものを選ぶことでしょう。

大手中古車販売店だと販売だけでなく、中古車の買取も行っているため、豊富な台数を取り揃えています。

また、全国規模で店舗を構え、その店舗で販売されている車からも選ぶことができるため、全国から車を探せるお店もあります。

そのため、希望通りの車を見つけられる可能性が高くなりますし、もし希望の車がなくても条件を伝えておけば、見つかったときに連絡をくれるところもあります。

新車以上の保証制度

小規模な中古車販売店だと、そもそも保証制度が用意されていない場合があります。

これだといくら安く購入できても安心して乗ることができませんよね。

しかし大手であれば保証制度が充実しており、エンジンなどの主要部品の交換はもちろん、ワイパーやオイルといった消耗品の交換も無料でしてくれるところもあります。

また、保証期間の延長サービスなどを組み合わせ、最長10年保証をしているところも存在します。

10年保証となると、新車よりも長い期間のため、乗り潰すまで安心して乗り続けることもできますよね。

車の状態を明確に教えてくれる

中古車としての状態をしっかり把握しているお店は、その車の情報も包み隠さずお客さんに伝えてくれるでしょう。

特に大手では買取を自社で行っているところが多く、買い取った車を自らの店舗で販売するため、怪しい車を店頭に並べることはありません。

また、修復歴があっても、その情報を明示しているため、お客さんは安心して車選びができます。

まとめ

中古車を購入するにはもちろんメリットも存在しますが、反対にデメリットもたくさん存在します。

しかし、大手中古車販売店であればデメリットの対策がしっかりされており、お客さんが安心して車選びができるようなサービスが充実しています。

そのため、中古車が欲しいと考えたら、まずはできるだけ有名な中古車販売店を選ぶことが第一歩ではないでしょうか?

中古車お役に立つ情報カテゴリの最新記事