車を売る時は何がいる?必要なものをご紹介

車を売る時は何がいる?必要なものをご紹介

車を売りたいと検討するものの、どのような書類が必要なのかわからないため、不安に感じる人も多いのではないでしょうか?

車検証や自賠責保険書だけではなく、最初から準備しておかなければ、いざ売却するときに手続きをスムーズに行うことができません。

確かに、売却するときは「販売店が教えてくれるからその時に用意すればいい」と考えることもできますが、必要なものがわからないと何度も用意しなければいけないため、最低限のことは知っておいたほうがいいでしょう。

そこで、車を売却するときに必要な書類や、売却の流れをご紹介します。

普通車を売るときに必要な書類

車を売る ガリバー

車を所有していると様々な税金や保険料を支払っていますので、車を売って手放すときに手続きをしないと、いつまでも支払い続けることになります。

用意するものはたくさんありますので、いざという時に焦らないためにも一通り頭に入れておきましょう。

関連)ガリバー中古車の評判はどうなの?【売買】を解説

自動車検査証

自動車検査証は車検証とも言われ、その車の車体番号や登録年度、寸法、所有者などあらゆる情報が記載されており、車が保安基準に適合していることを証明するための書類となります。

車検証を携帯することは道路運送車両法で義務付けられているため、多くの人は助手席のダッシュボードに保管しているでしょう。

そのため、基本的には用意できていることになりますが、どこにあるかは頭に入れておきたいですね。

自賠責保険書

万が一事故を起こした時に多額の賠償金をす払う可能性があるため、金額によっては自分でまかなえず、相手への補償ができない可能性があります。

そのため、車を運転する人は必ず自賠責保険に加入することが義務付けられ、自賠責保険書は加入していることの証明となる書類です。

また、自賠責保険が切れていると車を手放すことができないため、車を売るときは自賠責保険の有効期限内かどうか確認する必要があります。

車検証と同時に携帯する義務があるため、どこに保管してあるか確認しておきましょう。

自動車納税証明証

車の所有者になると毎年4月1日になると自動車税を納めなければけません。

この自動車税を納付していることが証明できる書類が、自動車納税証明証となり、売却時に必要となります。

もし、紛失したときは各都道府県の税事務所で手続きを行って再発行してもらう必要があります。

実印

市区町村に登録した印鑑のことで、住所登録を行なっている市区町村の役所で事前に登録する必要があります。

登録できる印鑑は各自治体によって異なるため、自分が所有している印鑑が登録できるかどうか確認しましょう。

印鑑登録証明書

実印を登録したことを証明する書類で、印鑑登録を行った市区町村で発行することができます。

車を売却する時に必要な印鑑登録証明書は発行日から3カ月以内のものとなりますので、売却を検討し始めたら、あらかじめ用意しておきましょう。

売却するだけなら1枚で構いませんが、そのあとに車を買うのであれば再び必要になるため、最初に2枚用意しておくことをおすすめします。

リサイクル券

車を購入するときは、その車を廃棄処分する時にかかる費用を前払いしておく必要があります。

この費用を払うと、リサイクル券という証明書が発行されます。中古車として売却することは当然廃棄処分ではないため支払った分のリサイクル料が戻ってきますので、用意しておきましょう。

もし、紛失した場合は自動車リサイクルシステムのWebサイトから自動車リサイクル料金の預託状況を利用します。

振込口座情報

売却金額にもよりますが、ほとんどのお店は銀行振込であることが多いため、事前に口座情報を調べて用意しておきましょう。少しでも早く教えるとその分早く振り込んでくれるでしょう。

軽自動車を売る時

ガリバー 最悪

基本的には普通車を売るときに必要な書類は変わりませんが、「納税証明書」に変わり、「軽自動車納税証明書」が必要になります。

また、「印鑑登録証明」や「実印」は必要なく、代わりに印鑑があれば問題ありません。

「軽自動車納税証明書」と「印鑑」について詳しくご紹介します。

軽自動車納税証明書

5月ごろに来る「納税通知書」に同封されており、納税金額や有効期限などが記載されています。自動車税を滞納した場合は、滞納した日数によって延滞金が発生します。

印鑑

軽自動車の場合は印鑑を登録する必要がありません。

その代わり、「軽自動車協会」に届け出を出す必要がありますが、申請書類を提出するだけであるため、実印や印鑑登録証明書を用意しておく必要はありません。

ただし、売却の時の契約書に印鑑を押す可能性があるため、事前に用意しておきましょう。

任意保険はどうすればいい?

自賠責保険だけではまかないきれないため、車に乗る人のほとんどが任意保険に入ると思いますが、車を売却するときはどうすればいいのでしょうか?

基本的に任意保険は運転者本人と保険会社との間で結ばれているため、車を手放すときは保険会社に連絡して手続きを行なわなければいけません。

車を売却するときは次のようなパターンになります。

  • 車を乗り換える
  • 車を手放す

パターンによって違うため、順にご紹介します。

車を乗り換える

車を売ってすぐに新しい車に乗り換えるパターンのことで、これが最も多いのではないでしょうか。

この場合は、保険会社に登録している車両情報を変更すれば、今までの条件や補償内容のまま利用することができます。保険の乗せ換えとも言われています。

この場合は、保険会社に連絡を入れ、車検証が発行されるタイミングや納車されるタイミングで、保険会社に車検証をFAXで送信すれば完了します。

車を手放す

車を手放し、もう乗ることがないという人は保険の解約を行います。解約は電話一本ですることもできるため非常に簡単に済みます。

それ以外に、一度車を手放すものの、また新しい車に乗り換える可能性がある人や、乗るかどうかわからない人は、保険会社に連絡し、「中断証明書」を発行してもらいましょう。

これは解約ではなく、一時停止となるため、条件や補償内容は残したまま、保険料を支払わなくてもいいというシステムです。

もし等級が上がっている状態で保険を解約して等級を放棄すると、次に保険に入った時に割引を引き継ぐことができませんので、少しでも車に乗る可能性がある人は中断の手続きを行っておきましょう。

無事故で等級が上がって行くと、保険料が倍以上になる可能性もあるため、資産を引き継げるとも考えられます。

車を売るときの流れ

車を売却するときの流れをご紹介しますので、全体の流れを把握して必要な書類を揃えたり手続きするタイミングを確認しましょう。

  • 車の売却方法を決める
  • どこのお店で売るか決める
  • 売る時に必要な書類を揃える
  • 販売店に車を引き渡す
  • 買取金額が入金されているか確認する

まず、自分の車をどこのお店で売るか決め、お店が決まれば車を査定してもらいます。

見積もり金額に満足すれば、いよいよ売却の手続きを行います。その時までに必要な書類を揃えておきましょう。

最後に買取金額が入金されているかどうかの確認も忘れずに行いましょう。

また、少しでも高く売却したいと考えるのであれば、お店選びや買取金額の交渉も重要なポイントですので、買取店の評判や口コミを把握し、高く買取ってくれるところを探したり、複数のお店で見積もりを取って買取額の交渉を行ったりするといいでしょう。

また、いいお店選びはトラブルを未然に防ぐことにもつながるため慎重に選びましょう。

関連記事はこちら⇒ガリバーの苦情と口コミを調べてみました!買うのはアリ?

まとめ

車を売却する時は事前に必要な書類がありますが、購入時に車内に保管しているものも多いため、新しく用意する書類は「納税証明書」や「印鑑登録証明」だけとも考えられます。

となると、必要な書類はを揃えることはそう難しくはありませんので、余裕を持ってスムーズに手続きを進めましょう。

中古車お役に立つ情報カテゴリの最新記事