ガリバーさんは苦情やクレームに対してどう対応している

ガリバーさんは苦情やクレームに対してどう対応している

中古車の買取・販売において業界最大手としても知られるガリバーさん。

2018年9月現在、11414台の販売登録があり、中古車販売台数No.1となっています。((株)日本能率協会総合研究所調べ)

取り引きの数が多い分、苦情やクレームなども少なからず発生しているようですので、今回はガリバーさんの対応についてスポットを当ててみました。

安心して取引するためにも、知っておくべき情報もあります。

ガリバーさんでは苦情に対しお客様相談室を設置

ガリバーは苦情にどう対応している?

自動車業界に限らず、どんな業界でもクレームはあるものです。

例えば、飲食業ならば出された料理が冷めている、不味いなど、サービスを受ける側の捉え方で簡単にクレームは発生してしまうのです。

そんな中、ガリバーさんではクレームに限らず、利用したお客様へしっかり対応をとってくれる仕組みがありますので見ていきましょう。

ガリバー店舗について、各ブランドについての窓口

ガリバーの苦情やクレームは?

ガリバーさん、または各ブランド(outlet、Liberala、Wowtown、Hunt、ガリバーミニクル、Snaphouse)を利用して困ったことがあった場合は、お客様相談室の利用ができます。

  • 電話窓口
  • メール窓口

以上の2つの方法がありますので、それぞれ見ていきましょう。

ガリバーお客様相談室:電話から

ガリバー 0120-22-8680

各ブランド 0120-22-8676

営業時間 月〜金:10:00〜20:00 / 土:10:00〜17:00

ガリバーさんの店舗、それ以外の店舗(ブランド)によって電話番号が異なっていますので注意が必要です。

ガリバーお客様相談室:メールから

https://221616.com/inquiry/opinion/input/

Webフォームからの相談のため、営業時間に問わず相談可能。

お問い合わせ内容、ご利用店舗、名前、電話番号、メールアドレスの内容を送信することが必要。送信が完了すると、担当者からの回答を待つ形となります。

用途に合わせてどちらを利用しても良いですが、メールについては、回答までに時間がかかるようですので、急いでいる場合には電話の窓口を利用するのが良いでしょう。

万が一の時に困らないように、電話とメールの両方でお客様相談室の利用ができるということを覚えておくと安心ですね。

また、電話の場合は、担当者と直接話をして相談できますが、メールについては

  • 「契約・キャンセル」
  • 「購入について」
  • 「査定について」

というざっくりした選択肢を選ぶことになりますので、より詳しく話を聞きたい、直接相談をしたいという方は、電話で相談するのが得策です。

関連記事:
ガリバーは購入トラブルにしっかりと対応している?プロが解説
「ガリバーは最悪」だと聞いた人へ。中古車サービスの対応力を客観的に比較しよう!

ガリバーへの苦情を事前回避!充実の各種保証とは?

ガリバーへの苦情を事前回避!充実の各種保証とは?

中古車市場での苦情やクレームの大半は中古車を購入した後に発生しています。

ガリバーさんには、これを回避するための以下の3大ポリシー(保証)が揃っていますので、それぞれ見ていきましょう。

  1. ガリバーさんは修復歴を全車明示
  2. 中古車なのに返品できる
  3. 重要機構部品、一般機構部品の保証

もちろん購入前には担当から事前の説明がありますが、重要なのはどのような補償になっているか下調べをおこない、事前にサービス内容の理解を深めておくことです。

事前に予習をしておくことで、担当者の説明に対しても不明点や気になる点の質問もスムーズにおこなうことが可能です。

ガリバーのクレーム予防その①:修復歴を全車明示

ガリバーのクレームは多い?

中古車購入時に気になるのが修復歴ではないでしょうか?

直接、走行機能や快適な走行をするために関わってくるものなので、購入する前にどの部分を修復しているのか知っておく必要があります。

ガリバーさんでは、修復した箇所を事前の説明を6段階に設定し、「車両状態表」という資料を提示してくれます。

例えば、車体の各種パーツで交換したもの、更にはトランクの内部の細かいパーツの亀裂があったという情報までを事前に知ることができます。これらの徹底的な事前説明によって苦情やクレームの事前回避を実現しています。

修復歴は、購入後に気が付くのではなく、購入前に事前説明があることによって、苦情やクレームを抑えることにつながっています。

関連記事:
ガリバーはクレーム対応が良いって本当?中古車売買について調べた

ガリバーのクレーム予防その②:中古車なのに返品できる

ガリバーのクレーム予防その②:中古車なのに返品できる

購入後の不測の事態にも対応してくれるのがガリバーさんです。

納車後100日以内(輸入車は30日以内)であれば、返品に対応してくれるというサービスがあります。

例外として、ローンの解約手数料5000円、オプションで付けたパーツやプランは返品できないという注意点はありますが、100日以内であれば、車両本体を100%の買取価格で返品できるという内容になっています。

欲しい車のイメージと違った、車を運転できなくなったなど理由に問わず適用されることから、購入後の苦情やクレーム回避につながる保証です。

ガリバーのクレーム予防その③:重要機構部品、一般機構部品の保証

エンジンの不調、エアコンの冷風が出ない、ギア変更がスムーズにできない等、各種自動車部品の交換をおこなってくれる保証があります。

ガリバーさんで中古車を購入する際には、1か月~10年の保証期間(6か月以上は有償サービス)を選択することになっているため、契約内容によってことなるものの、納車後の部品交換の保証をしてくれます。

契約の条件によって、保証箇所や期間が異なりますのでこの点に関しては、契約時に必ず担当者に確認を取るようにしましょう。

関連記事:
ガリバーは最悪という評判は本当?中古車の対応について調査

ガリバーさんの苦情、クレームに対する考え方

ガリバーさんの苦情、クレームに対する考え方

ガリバーさんには、苦情やクレームを窓口で対応してくれるのは当然ですが、事前にお客様が困らないように回避する仕組みが揃っています。

顧客の心理として、中古車の状態、購入後の走行に問題はないかという点が心配の大半となっていますが、事前に保証内容を説明することによって安心して購入できる仕組みが揃っていると言えるでしょう。

大きく分けると、クレームが発生してしまった際の窓口対応(電話、メール)に加え、事前のクレーム回避のための保証の手厚さや担当者の事前説明があります。

契約内容にもよりますが、保証期間も同業他社に比べると長く設定されているということもあり、中古車購入後も顧客が安心して乗れるような車の売り方をしていると言えるでしょう。

関連記事:
ガリバーの対応は最悪という口コミは本当?応対品質を調査した

ガリバーさんで安心して取引するためのポイント

ガリバーは苦情やクレームにどう対応している?

苦情やクレームはサービスを提供する側と受ける側の認識の違いによるものから発生し、

思っていたものと違った!」という感情から起きるものです。

そのため、契約時の内容についてしっかり理解をしたうえで購入することがトラブル回避のポイントとなってくるでしょう。

契約内容について少しでも不明点がある場合は、担当者へ確認し、解消できた時点での購入をすることをお勧めします。

例えば、ガリバーには「中古車なのに返品できる」という大きな保証がついていますが、

中古車購入時の保証期間、国産車と輸入車、一括払いとローン払いなど購入時のパターンは顧客ごとに異なってしまいますので、担当者は入念に説明し理解をしてもらったうえで契約をおこなうことに勤めています。

契約をする側としても、契約時には不明点を解消するよう些細な事であっても後のトラブルを避けるために、遠慮せずに聞くということが重要です。

ガリバーさんの苦情やクレームへの対応は?まとめ

ガリバーさんの苦情やクレーム対応について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

電話、メールによるお客様相談室の設置による対応だけでなく、事前に苦情やクレームを回避するための各種保証内容の充実があります。

ただ中古車を販売するのではなく、ユーザー目線に立った不安を解消するための事前説明だけでなく、修復歴を明示してくれるなど、安心して中古車を購入できる仕組みがガリバーさんには揃っています。

2018年9月現在、中古車販売台数No.1になっている理由の1つには、苦情やクレームにもしっかり対応できる仕組みが整っているということが大きく影響しています。

【その他のガリバー特集記事はこちら。】

ガリバーの中古車は評判悪い?プロから見たメリット・デメリット

【ガリバー中古車の評判】車を買取に出す時によくあるトラブル4つ

ガリバーの対応は最悪という口コミは本当?応対品質を調査した

ガリバーの中古車買取り額は高い?手順からコツまで紹介

ガリバーは購入トラブルにしっかりと対応している?プロは解説

ガリバーで中古車購入がなぜ高いと言われている?価格を解説

ガリバーの評判カテゴリの最新記事